パロッツ君の故郷リンガエンの歩き方ブログ

華やかなマニラとは違った、フィリピンの田舎暮らしが体験できるのがリンガエン。パロッツ君の事務所はここにあります。良くも悪くも刺激的なフィリピンらしさがたくさん。このサイトで心の準備をしてもらって、ぜひ遊びに来てください!

パロッツ君の先生だけでなく、もっとフィリピン人の友達を作ろう!笑顔に溢れた彼ら彼女たちとの交流は私たちをハッピーにしてくれます。このブログでは、フィリピン人と仲良くなるための基礎知識を共有していきたいと思います。

パンガシナン州の数少ない観光地、ハンドレッドアイランド。きれいなビーチです。推定予算は4人で行った場合、1人あたり1,500ペソ(3,200円)。島のあちこちには小さなコテージがあり、昼食を提供している。人数によって500~1,000ペソ。一人当たり200~300ペソだそう。ジョリビーなどよりは高いけど、観光地としては良心的な価格。この写真のときは、先生たちは節約のためにランチは持ち込みで船の上で食べたそう。 …
続きを読む

リンガエンビーチでの先生たちのレクリエーションタイムの様子。写真に写っているのはフィリピン風BBQ。大きなバナナの葉の上に食材が並んでいます。雰囲気があってとても美味しそうですが、一つひとつをじっくり見て検討すると、それほど美味しそうなものでもない。 …
続きを読む

フィリピンの病院の診察台は大体300ペソ。薬代がまちまちで、外国人だと、悪気はないようだが輸入品の高価な薬を処方してくれる。現地人は主にジェネリック薬品を処方される。パロッツ君の先生あたりに付いてきてもらった方が無難。 …
続きを読む

10選と書いたが、その中でも大切なベスト3は、①長距離バス用の上着、②SIMフリースマホ(現地SIMも購入)、③現金。この3つを持っていればなんとかなる。 …
続きを読む