フィリピンのハワイ!?リンガエンの歩き方ブログ

オンライン英会話パロッツ君の先生たちのブログ

フィリピン人の友達を作ろう!日本人とはちょっと違ったタイプの彼ら彼女たちとの交流は私たちをハッピーにしてくれます。このブログでは、彼らと仲良くなるための基礎知識を共有しています。

IMG_3278
リンガエンにはタクシーがありません。なので近場の移動手段は三輪自動車のトライシクル。サイドカーの付いたバイクです。戦後の進駐軍の乗り物のようで、観方によっては非常におしゃれ。お値段は大抵の距離は一律10ペソ(25円くらい)。降りるときに渡してください。

リンガエンのビクトリーライナー・バスターミナルからパロッツ君オフィスまでも10ペソです。

1台のトライシクルに2人ほど乗車可能ですが、それでは2人で乗った場合はいくらになるかというと、10ペソ×2人=20ペソになります。日本人がタクシーに乗る感覚だと、1台あたりの距離なので1人乗っても2人で乗っても10ペソで良いのではと思うのですが、違います。彼らにとってはバスのようなイメージなのでしょう。2人で乗ったら2倍の料金になります。

なので、トライシクルはそこら中に走っているので、ご友人と2人でいたら、1人1台ずつ広々と乗った方が良さそうです。

大きな荷物(スーツケースなど)が一緒の場合は5ペソほど追加します。


トライシクル03

トライシクル02

パロッツ君の先生たちも、オフィスに出勤してくる時にはトライシクル。写真の先生は左から、Teacher MistyとTeacher Sunnyです。

尚、パロッツ君オフィスにトライシクルで行く場合は、「Kame hachi Corporation」と言ってください。パロッツ君の現地法人の名前になります。リンガエンのトライシクルドライバーのほとんどは知っていますので。

もし、新人ドライバーでKame hachi Corporationを知らなかったら、「Kame hachi Corporation, in front of Padilla Central Elementary School, Avenida West St.」と言ってくださいね。