パロッツ君の故郷リンガエンの歩き方ブログ

華やかなマニラとは違った、フィリピンの田舎暮らしが体験できるのがリンガエン。パロッツ君の事務所はここにあります。良くも悪くも刺激的なフィリピンらしさがたくさん。このサイトで心の準備をしてもらって、ぜひ遊びに来てください!

パロッツ君の先生だけでなく、もっとフィリピン人の友達を作ろう!笑顔に溢れた彼ら彼女たちとの交流は私たちをハッピーにしてくれます。このブログでは、フィリピン人と仲良くなるための基礎知識を共有していきたいと思います。

町のホットステーションと言えばコンビニエンスストア。これはフィリピンでも同じです。幸いにもパロッツ君事務所のあるリンガエンにもセブンイレブンがあります。システムも置いてあるものもほとんど同じ。今回はパロッツ君事務所のあるリンガエンの隣町にあるセブンイレブンのイートインコーナーでカレーを食べた様子をご紹介します。
IMG_20190120_071725
入り口。ロゴや門構えは日本と同じ

IMG_20190120_121057
店内の様子。店の真ん中に肉まんなどの食品が置いてある。日本と比べるとその場で作っている食事メニューが多めの印象

IMG_20190120_121416
カレーのようなものを発見

IMG_20190120_121419
サンドイッチも

IMG_20190120_120818
この日はカレーを購入

IMG_20190120_120914
カレーみたいな不思議な食べ物。それなりに美味しかった

2019_01_20 午後0_33 Office Lens
レシート

水が15ペソ。このカレーみたいなもの大盛り49ペソで、合計 64ペソ。2019年3月のレートでは135円。ローカルな小さくて汚い定食屋で食べてもこれくらいの値段。コンビニ弁当は衛生面で安心なので、旅慣れていない人にはオススメ。