パロッツ君の故郷リンガエンの歩き方ブログ

華やかなマニラとは違った、フィリピンの田舎暮らしが体験できるのがリンガエン。パロッツ君の事務所はここにあります。良くも悪くも刺激的なフィリピンらしさがたくさん。このサイトで心の準備をしてもらって、ぜひ遊びに来てください!

パロッツ君の先生だけでなく、もっとフィリピン人の友達を作ろう!笑顔に溢れた彼ら彼女たちとの交流は私たちをハッピーにしてくれます。このブログでは、フィリピン人と仲良くなるための基礎知識を共有していきたいと思います。

前回のブログで、マニラの中の田舎の賃貸物件の価格について書きました。一軒家の2階の一室。新築で小綺麗な部屋ですが6500ペソ(13000円)でした。今回は、リンガエンのパロッツ君校舎付近ではどうなのでしょうか。

リンガエン家賃情報
ワンルーム(約12帖)
・アパートの場合:8000ペソ
・一軒家の一室の場合:5000ペソ

パロッツ君関連
・2階の空き部屋:10000ペソ
・NATORIさん家:6500ペソ

 調査員のKOHEIさんに「リンガエンの家賃っていくら?」とざっくり聞いたら、上記のようなざっくりとした返答が返ってきました。

フィリピン・ペソと日本円の変換はほぼ2倍すればいいので、リンガエンでのワンルームアパートを借りた場合は8000ペソ、つまり1万6000円ということになります。

 一軒家の一室は、下宿みたいなもの。光熱費の支払いなどを自分でやらなくて良いので、外国人にとっては良いかもしれません。プライバシーは若干少なめかもしれません。

「パロッツ君関連2階の空き家」というのは、 パロッツ君校舎の2階にスタッフのKOHEIさんが住んでいますが、部屋が余っているので知り合いに貸し出しています。小綺麗な良さげの部屋なので少し高めの1万ペソ。

NARTORIさん家と言うのは、日本人女性スタッフのリンガエン滞在時のお部屋。見たことないのですが、安全・衛生面には妥協しなそうな方なのに、不満はなかったようなので、それなりに良い部屋と思われます。6500ペソだったとは。上手に見つけました。

結論を言うと、リンガエンの家賃はマニラの中の田舎、日本で言うと東京の多摩地区や八王子的な場所のそれとほとんど同じようです。

家賃月額2万円と言うと、まあ安いと言えるかもしれませんが、日本でも田舎、例えば私の住んでいる大阪府熊取町ではワンルーム・マンションは3万5000円くらいであるので 、物価に対してはリンガエンの家賃は高めです。

これを踏まえて、次回はリンガエンに住んだ場合の生活費について考えてみたいと思います。