パロッツ君の故郷リンガエンの歩き方ブログ

華やかなマニラとは違った、フィリピンの田舎暮らしが体験できるのがリンガエン。パロッツ君の事務所はここにあります。良くも悪くも刺激的なフィリピンらしさがたくさん。このサイトで心の準備をしてもらって、ぜひ遊びに来てください!

パロッツ君の先生だけでなく、もっとフィリピン人の友達を作ろう!笑顔に溢れた彼ら彼女たちとの交流は私たちをハッピーにしてくれます。このブログでは、フィリピン人と仲良くなるための基礎知識を共有していきたいと思います。

数値はインベスティング.comより

一年
*直近1年間のチャート
 
2019年4月23日のレートは2.1502を示しています。なので、 1万円をフィリピン・ペソに単純に両替すると、10,000 / 2.1502 = 4,651。手数料などを考えないと4,651ペソを受け取ることができます。

簡単に言うと、円高・フィリピンペソ安と言う状況です。フィリピン旅行に行くなら今がオススメ!

円安
*直近5年間のチャート

日本円保持者にとって悲惨だったのは、近年だと2015年の5月。 レートは2.7875でした。1万円を両替して3,587ペソしか受け取れませんでした。本日のレートと比較して、4,651-3,587=1,064ペソ少なかったと言うことになります。約2割ですので結構大きい。

最大

1997年などは4.4057でしたので、1万円両替しても2,270ペソしか受け取れませんでした。現在の半分以下です。もっとも今から20年も昔のことですので、同じ100ペソでも買えるものも違ったでしょうから、あまり比較にならないかもしれません。

何れにせよ、多少の上下はあるものの、現在はフィリピンペソ に対しては円高で推移しているので、フィリピン旅行に行った際は少し多めに両替して楽しむのが良さそうです。