パロッツ君の故郷リンガエンの歩き方ブログ

華やかなマニラとは違った、フィリピンの田舎暮らしが体験できるのがリンガエン。パロッツ君の事務所はここにあります。良くも悪くも刺激的なフィリピンらしさがたくさん。このサイトで心の準備をしてもらって、ぜひ遊びに来てください!

パロッツ君の先生だけでなく、もっとフィリピン人の友達を作ろう!笑顔に溢れた彼ら彼女たちとの交流は私たちをハッピーにしてくれます。このブログでは、フィリピン人と仲良くなるための基礎知識を共有していきたいと思います。

日本ではGWが始まりました。あちらこちらで海外に旅立つ方が目立ちます。なので、私もちょっとお出かけしようと思います。毎度お世話になっているスカイスキャナーで安い航空券はないかなと見てみると、ハノイが安い!釜山はもっと安かったのですが、昨年末に行ったばかりなので、今回はハノイに決定しました。私の大好きなココナッツが食べ放題のベトナムです。

 ベトナムとなると、パロッツ君やリンガエンとは何の関係もなさそうですが、パロッツ君で培った英語力を海外で試してみようという意味合いで綴っていこうかと思います。2017年11月と、2018年5月に行ったのはダナン経由のホイアンでした。 ロマンチックなホイアンに対して今回はハノイです。GW明けから6泊7日で行ってきます。

【旅行予算】

往復航空券は下記の通り。
  • 運賃(関空⇄ハノイ・ノイバイ国際空港):8,030円(往路)+6,980(復路)=15,010円
  • 受託手荷物 :5,300円(往復)
  • 座席指定:3,000円(往復)
  • 支払い手数料:1,300円
  • Club Jetstar割引:ー1,660円
合計金額:22,950円

ベトナムは飛行時間が5時間程なので、LCCの狭い席はちょっと大変です。3,000円を足して一番前の広い席を確保しました。プチ贅沢。受託手荷物は一応20kgを確保。そして意味不明な支払い手数料。お金を支払うのに手数料を取られるのが謎ですがいつものことなので支払います。最終的にはそこそこのお値段になりましたが、新大阪駅⇄東京駅を新幹線で往復すると25,000円くらいになるので、それよりも安いのですがら、有難い時代になりました。LCCに感謝です。一人で行くので食事は適当に済ませるつもりです。ベトナム風サンドイッチのバインミー(150円くらい)と、フォー(200円くらい)を交互に食べ、ベトナムコーヒー(100円くらい)を繰り返し飲むくらいでしょうか。後は宿代だけ。旅行総額は4万円前後になりそうですが、一応5万円の予算を見ています。

ホー・チ・ミン主席に会いに行く】

今回のハノイ行きの目的です。日本周辺での共産主義を目指した国家の指導者と言えば、レーニンやスターリン、毛沢東や金日成など。現代の感覚からすると共通の価値観を持ちにくそうな方々が並びますが、ホー・チ・ミン主席は親しみやすいホーおじさん。しかも誕生日が5月19日。私と同じです。ハノイにあるホーチミン廟では彼のご遺体に会うことができるのです。

パロッツ君で培った英語力のテストもしてきます。ベトナムは英語圏ではありませんが、観光地なら英語も通じるようです。私の英語力ではネイティブとはコミュニケーションが難しいので、むしろ英語のあまり上手でない人との方が通じ合える不思議。