パロッツ君の故郷リンガエンの歩き方ブログ

華やかなマニラとは違った、フィリピンの田舎暮らしが体験できるのがリンガエン。パロッツ君の事務所はここにあります。良くも悪くも刺激的なフィリピンらしさがたくさん。このサイトで心の準備をしてもらって、ぜひ遊びに来てください!

パロッツ君の先生だけでなく、もっとフィリピン人の友達を作ろう!笑顔に溢れた彼ら彼女たちとの交流は私たちをハッピーにしてくれます。このブログでは、フィリピン人と仲良くなるための基礎知識を共有していきたいと思います。

ユッキー先生がビガン滞在中ですが、私も一度は行ってみたい場所。スペイン統治時代の面影を強く残すこの街は今でも馬車が走っています。どう見てもふっかけられそうなこの馬車の値段ですが、実はけっこう安いです。

1時間あたり150PHP(350円くらい)。これはビガンの統一価格らしいので、よほど悪質なケースに遭遇しない限りこの値段だそうです。ビガン中心の観光地ではなく、街中でタクシー代わりに使われているカレッサ(ビガンの馬車)の場合は一区間50PHPくらい。

 カレッサ


素敵な動画もあったので共有します