パロッツ君の故郷リンガエンの歩き方ブログ

華やかなマニラとは違った、フィリピンの田舎暮らしが体験できるのがリンガエン。パロッツ君の事務所はここにあります。良くも悪くも刺激的なフィリピンらしさがたくさん。このサイトで心の準備をしてもらって、ぜひ遊びに来てください!

パロッツ君の先生だけでなく、もっとフィリピン人の友達を作ろう!笑顔に溢れた彼ら彼女たちとの交流は私たちをハッピーにしてくれます。このブログでは、フィリピン人と仲良くなるための基礎知識を共有していきたいと思います。

そろそろパロッツ君の美しい先生たちに会いたくなってきました。
そこでパロッツ君のリンガエン校舎までの旅費をシミュレートしてみた。

まずはスカイスキャナーでチケットの価格調査。 ジェットスターでクラーク国際空港までが安いよう。
スクリーンショット 2019-08-22 15.19.37

税金や空港使用料を合わせた合計金額は18,560円。ここに受託手荷物20kgまでと、最前列の広いシートを予約するので追加料金が発生するので36,360円。最後にいつも不可解なクレジットカード支払い手数料2,000円が追加されて、最終的な合計金額は38,360円になりました。快適な空の旅を求めるとやはりそれなりの金額になってしまいます。

今回は4泊5日の短期旅行なのでホテルはそこそこ良いところに泊まろうと思います。いつも通りAGODAで予約します。いつもはMCホテルか、パロッツ君リンガエン校舎から徒歩5分のベルガモホテルに泊まるのですが、今回は新規開拓の意味も込めて新しいホテルを検討したいと思い、カバレヤン・リゾートに決定。価格帯は同じです。場所はパロッツ君オフィスからもずいぶんと離れているので、今回はオフィス・スタッフに会う機会はなさそうです。大きくてきれいなプールがあるので楽しみです。4泊5日で17,712円。日本に比べてコスパの高さがフィリピンです。

現地では食事代として1,000ペソ/日くらいは必要でしょう。クラーク国際空港からリンガエンまでの長距バスや、リンガエン市内でのトライシクル代なども考えて1日あたり1,500ペソの予算をみたいと思います。4泊5日と言えども実質4日間なので、1,500ペソ✖️4日間=6,000ペソ。円とペソのレート計算にはYahooファイナンスが便利。
スクリーンショット 2019-08-22 15.39.30

12,183円を両替すれば良いようです。実際には両替手数料などのロスがあるので15,000円を計上しておきます。

38,360円+17,712円+15,000円=71,072円。安いようでそれなりに費用のかかるフィリピン旅行。

関連ブログ