パロッツ君の故郷リンガエンの歩き方ブログ

華やかなマニラとは違った、フィリピンの田舎暮らしが体験できるのがリンガエン。パロッツ君の事務所はここにあります。良くも悪くも刺激的なフィリピンらしさがたくさん。このサイトで心の準備をしてもらって、ぜひ遊びに来てください!

パロッツ君の先生だけでなく、もっとフィリピン人の友達を作ろう!笑顔に溢れた彼ら彼女たちとの交流は私たちをハッピーにしてくれます。このブログでは、フィリピン人と仲良くなるための基礎知識を共有していきたいと思います。



Parrots' Teachers played the games in the Shopping mall in Dagupan. This place is called "WORLD OF FUN" They have a lot of games and Parrots' Teachers tired some of them!

 Kaye先生とAmber先生が、フィリピンのイオンのようなCSIモールに行ってきました。

SCIについて
パロッツ君のあるリンガエンの田舎生活に疲れたらダグパンCSIで気分転換

 パロッツ君のリンガエン校舎からは1時間くらい。まずは中央公園に行って、そこ始発のダグパン行きのバスが出ていますのでそれに乗ります。バスに乗るときにCSIとバス運転手に言っておくと降りる合図をしてくれます。もっとも、一番確実な方法はGoogleマップを見ながら行くこと。多くの人がCSIで降りるので、「降りまーす!」とは言わなくても大丈夫。値段は20ペソ(40円)くらいです。

トライシクルで行くこともできますが、 1時間くらいあの小さな三輪車に乗って250ペソ(500円)くらい払って行くのは、よほどトライシクルが好きな人を除いてはオススメしません。

いずれにせよ、先生たち、CSIのゲームセンターをとても楽しんだ様子です。パロッツ留学の学生さんたちも、ハンドレッドアイランドなどに行くのも良いですが、先生たちとCSIに行ったりする方がフィリピンの現地の様子を肌で感じられて楽しいかもしれません。ぜひ1度は試してみてくださいね。